新年のご挨拶 【人間万事塞翁(さいおう)が馬】

  • HOME
  • まるもち家ブログ

 
新年あけましておめでとうございます!

さて皆様、昨年最後の【平成】をどのようにお過ごしなられましたでしょうか?

我々にとっては、忘れられない一年を過ごす事となりました。

今回はそんな話をご紹介させて頂きます。
ご興味ある方は少しばかりお付き合い下さいませ。

去る9月に伏見稲荷本店が台風21号により被災し、約2ヶ月間の休業という事になってしまいました…

今までテレビでしか観たことがないような状況を自身の店舗で目の当たりにして、これからの計り知れぬ大損害に呆然としてしまいました。

休業中に伏見稲荷本店の収入がなくなるのはもちろんの事、莫大な修理費の支払いもございます。従業員も仕事がなくなってしまいます。
そして一番の問題はそれを乗り越えるだけのお金がない、という事でした。

『さて、この正念場をどうしたもんか!?』

銀行から借り入れできたとしても返せる目処がなければ自分の首を絞めるようなもの。

さすがに夜も眠れずに悩んでおりました。

そんな時に奇跡が起こったのです。

それは、当店で以前より夏限定メニューにしていた【水まる餅】という商品をSNSで紹介されまして、その情報がもの凄い勢いで拡散されたようなのです。

SNSにあまり詳しくないので後々教えてもらったのですが、投稿からわずか4日で28万を超えるいいね!、6万件以上のリツイートという数は通常ではあまりみられないとのことでした。

うちには伏見稲荷にもう一店舗【稲荷門前茶屋】というのがございまして、こちらの店舗は台風でも被害が少なく営業できる状態でした。

突然ある日から、SNSの噂を聞きつけたお客様が【水まる餅】を求めて開店前から稲荷門前茶屋のシャッターの前に並ばれるほどになったのです!

あまりの来店客の多さに、伏見稲荷本店の従業員も含め皆大慌てでようやく対応する、という日々。
従業員も『本店が被災して大変な時期やから!』と休みもとらずに出勤してくれました。

そして暑い季節も終わり、気が付いて売上を見てみましたら、一店舗だけで営業いていたにも関わらずなんと、昨年の2店舗分の売上をはるかに大きく上回っていたのです。

なんと言う事でしょうか!

水まる餅が急にブレークしたのにも驚きでしたが何よりも、もしあの時、本店が台風で被災して休業していなかったら、この突然の好景気をこなす事が出来なかったのです!

私はこの時
『人間万事塞翁(さいおう)が馬』
という中国の諺を思い出しました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
塞翁(さいおう)という老人が飼っていた雄馬がある日逃げ出してしまいました。

村の人達は
『可哀想に…』
と嘆きました。

でも塞翁は
『いやいや、これは良い事の前兆かもしれぬ』
と言いました。

間も無くして、なんと逃げた雄馬が雌馬を連れて帰ってきたのです。

村の人達は
『これは良い事だ!』
と賞賛しました。

でも塞翁は
『いやいや、これは悪い事の前兆かもしれぬ』
と言いました。

そうすると、雌馬に乗っていた塞翁の息子が落馬して大怪我をしてしまいました。

村人『可哀想に』と言いました。

塞翁『いやいや、これは良い事の前兆かもしれぬ』

やがて国に戦争が起こりました。

怪我をしている塞翁の息子以外の健康な若い男子は全て徴兵され、その結果皆が還らぬ人となってしまいました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

皆様方の身の上で起こっている災いごとも、もしかすればまもなく訪れる幸いの前兆なのかもしれません。
またその逆も然り。

【幸】と【不幸】は表裏一体として全く別の顔をして訪れるものなのでしょう。

そして、その人にとって必要な時に必要なカードが配られるのです。

『悪い事ばっかりやおまへんで』

改めて、心穏やかに過ごせそうです。

さて皆様方も、新しく迎えられる一年が昨年以上に一層の良き年となられますよう願い、新年のご挨拶とさせて頂きます。
店主のひとり言 | 06:00 AM | comments (x) | trackback (x)